鈴木敏文はコンビニの未来を「オムニチャネル戦略」に託していた。だが、新経営陣の下で、鈴木肝煎りの事業は軌道修正が検討されている。「コンビニ飽和論」を否定する言葉に、いら立ちが透ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2630文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題