今春、セブン&アイ・ホールディングスのトップを突然、退任した鈴木敏文。創業オーナー・伊藤雅俊との絶妙で微妙な関係の中で、鈴木は「孤高」の経営を貫いた。複数回のロングインタビューを基に、変化に挑み続けた男の矜持を新たに読み解いていく