米半導体メーカー、エヌビディアのAIへのシフトは1本のメールから始まった。過去のAIブームとの違いは、高性能なコンピューターとビッグデータが整ったこと。歴史を踏まえながら、エヌビディアのAI戦略を明らかにする。

(写真=Getty Images News、iStock / Getty Images Plus)
(写真=Getty Images News、iStock / Getty Images Plus)
NVIDIAとは

 1993年創業。ゲームやパソコン用の画像処理が得意な半導体「GPU」を主力製品とする。生産を外部に委託するファブレスメーカーで、台湾積体電路製造(TSMC)と韓国のサムスン電子に製造を委託する。

 ニッチ企業の性格が強かったが、培った高度な画像処理技術を生かし、AI用の半導体で台頭。2017年1月期の売上高は69億1000万ドル(約7900億円)。AI関連事業の急拡大によって、前年同期比で2200億円も増加した。今期に入ってさらに成長ペースが加速している。

 日経ビジネスオンラインで同社の実力を詳報したところ大きな反響を呼んだため、加筆して集中連載する。

<b>マサチューセッツ総合病院でAI医療の実証実験が進む</b>
マサチューセッツ総合病院でAI医療の実証実験が進む

 「数年前には考えられないような価格で手に入るようになったからだ」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3609文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題