全5163文字

碓井社長は、イノベーションを起こすには「垂直統合」がカギとなると説く。コア部品の生産から製品の組み立てまで自社で手掛けるのはなぜか。「分業」が進んだ製造業の潮流に背を向ける理由とは。

碓井 稔[うすい・みのる]

(写真=的野 弘路)
1955年4月、長野県塩尻市で生まれる。同県松本深志高等学校を経て75年、東京大学工学部に進学。船舶工学を専攻し、79年大手自動車関連メーカーに就職。1年目のお盆休みの帰省時、信州精器(現セイコーエプソン)の募集を見て面接を受け、79年11月同社に転職。ビデオプリンターの開発に携わる。88年、インクジェットヘッドの開発メンバーに。90年、製品化に向けたプロジェクトリーダーを務める。2005年取締役生産技術開発本部長、07年研究開発本部長。08年から現職。
イノベーションを起こすモデルとして、「垂直統合」は何が優れているのですか。

 セイコーエプソンは、組み立て型の製品を作ってきた会社です。前身の諏訪精工舎、信州精器のころから、キーデバイスを自社で作り、組み立ててきました。デバイスだけに特化しているわけでもなく、腕時計しかり、プリンターしかり、加工して組み立て、独自のブランドを持った最終製品を作ってきました。

 しかし、中国や台湾などで安価に電化製品を組み立てる企業が増え、部品を調達して組み立てるだけでは競争力を発揮するのが難しくなっています。設計や製造といったメーカーの機能をバラバラにし、それぞれに特化した企業が連携して1つの製品を作り上げる「水平分業」型のビジネスモデルが台頭したのには、こうした背景があります。