全5168文字

経営教室「反骨のリーダー」の7人目は、セイコーエプソンの碓井稔社長。技術にこだわり、イノベーションにこだわる根っからの技術屋だ。インクジェットプリンターを成功させた経験を軸に「破壊と創造」に挑んできた。

=敬称略

(写真=的野 弘路)
碓井稔[うすい・みのる]
1955年 4月長野県塩尻市で生まれる。父親は国鉄職員。兼業農家
71年同県立松本深志高等学校に入学。同じ中学出身の「郷友会」の会長に
75年東京大学工学部に入学
77年工学部船舶工学科に進級
79年 4月大手自動車関連メーカーに就職
11月信州精器(現セイコーエプソン)に転職
82年親会社の諏訪精工舎に出向、ビデオプリンターの開発を担当
88年インクジェットプリンターの新方式ヘッドの開発メンバーに
90年KHプロジェクトが発足。プロジェクトリーダーとして80人を率いる
2005年取締役 生産技術開発本部長
07年取締役 研究開発本部長
常務取締役
08年代表取締役社長(現任)

 月に100枚印刷するなら、断然こちらをお薦めしますよ」。年末商戦を控えた11月下旬。都内の家電量販店では、大容量のインクタンクを搭載したセイコーエプソンのプリンターを薦める販売員の姿があった。比較対象は同社の従来型のインクカートリッジ式のプリンター。「エコタンク」と名付けた大容量タンクを備えたプリンターは、技術畑を歩んできたセイコーエプソン社長である碓井稔(63歳)の経営思想が詰まった製品だ。