西井孝明氏の経営教室。第2回のLecture(講義)は働き方改革について。 欧米企業並みの職場環境の構築は、味の素の成長に必要不可欠だという。 労使の協調は、まずは経営が本気を見せることから始まると説く。

西井孝明[にしい・たかあき]

(写真=的野 弘路)
1959年生まれ。78年奈良県立畝傍高等学校を卒業後、同志社大学文学部に入学。82年、同志社大学を卒業し、味の素に入社。営業やマーケティング、人事などを担当。2004年に味の素冷凍食品に出向し、取締役に就任。当時不振事業だった家庭用冷凍食品の業績を改善。09年には本社人事部長を務め、11年に執行役員に就任する。13年にはブラジル味の素社長に就任。15年に創業家を除いて、歴代最年少となる55歳で味の素社長に就任。

社員の働き方を欧米企業並みに改革しようと決めたのはなぜですか?