4回にわたって連載してきた塩野義製薬・手代木功氏の経営教室「反骨のリーダー」。最終回は、「医療」に関わる企業のトップとしての胸のうちを語ってもらった。より良い社会のバトンを次世代に渡すために、今、企業や個人は何をすべきだろうか。

手代木功[てしろぎ・いさお]

(写真=行友 重治)
1959年12月宮城県生まれ。82年東京大学薬学部卒業、塩野義製薬入社。87年米国ニューヨークオフィス駐在。91年に帰国し開発渉外部に配属されるが、94~97年カプセル会社への出向で再び米国駐在。帰国後、社長室勤務を経て99年経営企画部長。社長の塩野元三氏(現会長)と二人三脚で塩野義の構造改革を進める。2004年医薬研究開発本部長、06年専務執行役員、08年4月社長就任。

製薬は外から見ると「特殊な業界」に映りますが、手代木さんはどう考えていますか。