瀬戸欣哉氏の経営哲学の原点は、MonotaRO(モノタロウ)の創業にある。住友商事のサラリーマンは、いかにベンチャーを立ち上げたか。「カネなし」「経験なし」の状況こそが、成功への突破口となった。

=本文敬称略

サラリーマンでありながら、スタートアップの創業をどのように成功させたのですか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4913文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題