トヨタ生産方式が導入された順序はまず機械工場であり、次が組み立て工場、それから塗装、プレス、鍛造(鋳造)といった順番だった。機械工場はエンジン、ミッションを作り、組み付ける工場のこと。