話は1960年、張富士夫(現・名誉会長)と池渕浩介(元・副会長)の入社式に戻る。こののち、トヨタ生産方式を体系化した大野耐一の薫陶を受けるふたりを含めた新入社員を前にして、社長、石田退三は声を振り絞った。