高度成長のさなか、1960年代から現在まで自動車工場の基本的な仕組みは変わっていない。特定の場所だけを効率的に冷房するスポットエアコンの導入など労働環境は整備され快適になった。