1951年頃から日本の道路を走る車の種類は増えていった。敗戦直後の主役だったジープ、その後に続くオート三輪、国産トラックに加えて、海外の自動車会社が設計した乗用車が登場してきたのである。