トヨタの工場で大野耐一が始めた「かんばん方式」が世の中に取り沙汰されるようになってから、さまざまな解説本が出た。それを読んだ大野は現場に来て、わざわざ部下にくぎを刺した。