トヨタの創業者、豊田喜一郎が世を去った1952年、前年に結ばれた連合国による「日本国との平和条約」、通称サンフランシスコ講和条約が発効した。日本は晴れて独立国となり、進駐軍と呼ばれていた連合国軍(主体はアメリカ軍)は解散し、撤退した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4749文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題