トヨタの創業者、豊田喜一郎が世を去った1952年、前年に結ばれた連合国による「日本国との平和条約」、通称サンフランシスコ講和条約が発効した。日本は晴れて独立国となり、進駐軍と呼ばれていた連合国軍(主体はアメリカ軍)は解散し、撤退した。