1950年6月、労働争議の収拾をはかるためにトヨタの社長を辞任した豊田喜一郎は、東京・世田谷の岡本にあった自宅に研究室を作り、少数の部下と小型ヘリコプターの設計に励む毎日だった。