1950年、人員整理に反対する労働争議が激しさを増す中、豊田喜一郎は組合員に攻撃されている幹部のことを気にかけていたが、やる気は十分で、社長をやめることなど、当初、まったく考えていなかった。