1949年2月、デトロイト銀行頭取のジョセフ・ドッジが来日。3月にドッジ・ラインと呼ばれる経済政策を日本政府に勧告した。赤字だった国家予算を均衡予算に変え、各種補助金を止めたことで、物価は安定に向かったが、民間企業は資金繰りに困り、全国で1100社以上が倒産した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2316文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年9月12日号 60~62ページより目次