(イラスト=五島 聡)

アメリカ車とオート三輪

 敗戦直後、GHQ(連合国軍総司令部)は日本の自動車会社に対して乗用車の生産を全面的に禁止し、2年後(1947年)には1500cc以下の小型乗用車だけの生産を許可した。すべての乗用車、トラックの生産が許されたのは1949年になってからである。

 許可が出てから、国内には新しい自動車会社ができていく。戦前は日産、トヨタ、いすゞが自動車御三家と言われていたのだが、戦後は御三家に追いつき追い越そうと新興の自動車会社が登場してきた。

 三菱自動車の前身、中日本重工業はアメリカのウィリス社と製造援助契約を結び、ジープをライセンス生産するようになった。戦前からあった、たま自動車はプリンス自動車工業と名前を変え、後にスカイラインを開発する(その後、プリンスは日産と合併)。発動機製造はダイハツ工業と社名を変えた。

 中島飛行機から派生した富士重工業が設立され、鈴木式織機は鈴木自動車工業と社名が変わって、本格的な自動車会社となった。また、自動車へはまだ進出はしてはいなかったが、本田技研工業ができたのも戦後である。

 しかし、戦争が終わって数年間、都市の道路を走っていた乗用車の主役といえばそれは国産車ではない。アメリカ軍のジープ、もしくはアメリカ軍人が乗っていた車が民間に横流しされたものだった。

1945年9月、東京・日本橋の高島屋前。米空挺師団のジープに人々が群がる(写真=近現代PL/アフロ)

 戦前から走っていた乗用車の多くもアメリカ製が多く、日産、トヨタ製の乗用車はまだまだ少数派だった。そして、敗戦から少し経つと、目に見えて増えてきたのが日本独自の車種、オート三輪だった。

マツダが1931年に製造したDA型三輪トラック第1号車(写真提供=マツダ)

 オート三輪は元々オートバイのエンジンをもとにした三輪の貨物自動車で、戦前からあったものだ。マツダ、ダイハツ、くろがねが三大ブランドとされていたが、戦後になって航空機を作っていた中日本重工、新明和工業などが参入し、価格がぐんと安くなった。また、頑丈で小回りの利く車だったため、舗装されていない日本の道路事情にもマッチした。

 1950年には4万台のオート三輪が製造されるまでになったが、以降、四輪の軽トラックが登場すると衰退していく。しかし、日本の戦後を象徴する車はアメリカ車であり、オート三輪だった。