戦後のトヨタ挙母工場の内部は薄暗かった。建屋の上部に明かりを取るための窓ガラスがあるくらいで、窓の近くの人間は外光で仕事ができたが、中央部で作業する人間には手元が暗く感じた。そこで建屋の中央部には裸電球をぶら下げて照明にしていたのである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2381文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年8月29日号 68~71ページより目次