戦後のトヨタ挙母工場の内部は薄暗かった。建屋の上部に明かりを取るための窓ガラスがあるくらいで、窓の近くの人間は外光で仕事ができたが、中央部で作業する人間には手元が暗く感じた。そこで建屋の中央部には裸電球をぶら下げて照明にしていたのである。