自動車工場に転籍してきた大野耐一が直感したのは「紡織工場よりも生産性がよくない」ことだった。「織物女工ならばひとりで20台の織機を見ることができる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4401文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年8月8日・15日号 62~65ページより目次