自動車工場に転籍してきた大野耐一が直感したのは「紡織工場よりも生産性がよくない」ことだった。「織物女工ならばひとりで20台の織機を見ることができる。