占領軍の民主化政策のなかで、翻弄されたトヨタだったが、戦後のどさくさのなかで、自動車の販売網を整備する点だけは同業他社を圧倒することができた。それは神谷正太郎がトヨタにいたからである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1906文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年7月25日号 60~62ページより目次