占領軍の民主化政策のなかで、翻弄されたトヨタだったが、戦後のどさくさのなかで、自動車の販売網を整備する点だけは同業他社を圧倒することができた。それは神谷正太郎がトヨタにいたからである。