豊田佐吉、喜一郎の後を受けてトヨタ生産方式を体系化する大野耐一は1912年、中国・大連に生まれた。父親は中国の東北部、満州にあった国策企業、満鉄(南満州鉄道)に勤め、耐火煉瓦の開発、製造を行っている。