1941年、国内では工業原料と石油が不足していた。アメリカ、イギリス、オランダが対日経済断交を宣言したため、原油、鉄鉱石、生ゴム、原綿が手に入らなくなっていたからである。軍部が勇んで開戦したのはいいけれど、日本の工業生産力はその年から減少する一方になっていく。