1937年、豊田喜一郎はトヨタ自動車を創業、愛知県西加茂郡挙母(ころも)町に58万坪の用地を得て、自動車専用の工場を起工した。この挙母工場(現・本社工場)では、喜一郎が以前から頭に描いていた「ジャスト・イン・タイム」の生産システムを実現すべく、プレス、溶接、加工、組付け、総組み立てが流れ作業で行えるレイアウトにした。