自動車を量産する会社を作るとすれば、三井三菱ではない。自分しかいない──。豊田自動織機でエンジニアとして働きながら自動車製造に必要な経験と知識を得た豊田喜一郎は1933年、自動車製作部門を立ち上げた。