1930年に父、豊田佐吉が亡くなった後、豊田喜一郎は豊田自動織機内に自動車製作部門を設け、ガソリンエンジンを自分たちで開発することを宣言する。彼は外国車の生産装置や部品を基にするのでなく、最初から自分たちの自動車を作ろうとした。それがトヨタ自動車の始まりだ。