トヨタ自動車を創業した豊田喜一郎の父、豊田佐吉は発明王と言われる。彼の発明の真髄は自動織機のスピードを上げたことではなく、不具合が起こった瞬間に機械を止める装置を考えたことだった。