トヨタ自動車を創業した豊田喜一郎の父、豊田佐吉は発明王と言われる。彼の発明の真髄は自動織機のスピードを上げたことではなく、不具合が起こった瞬間に機械を止める装置を考えたことだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4254文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題