豊田喜一郎と大野耐一(たいいち)。「トヨタ生産方式」を作ったふたりの男の足跡をノンフィクション作家・野地秩嘉が追う。その功績が広く認められるべき「モノ作りの元祖」たる革命家たちは、なぜ“忘れられる”ことになったのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3674文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題