豊田喜一郎と大野耐一(たいいち)。「トヨタ生産方式」を作ったふたりの男の足跡をノンフィクション作家・野地秩嘉が追う。その功績が広く認められるべき「モノ作りの元祖」たる革命家たちは、なぜ“忘れられる”ことになったのか。