戦後、始まったトヨタ生産方式の体系化、および社内の各工場、協力工場における実践は1980年までには目途がついた。だが、カイゼンに終わりはない。新しい車種が開発されるたびに、全工場で同方式のブラッシュアップを進めることは同社の体質となっており、体質は現場に定着していた。