1973年、第四次中東戦争勃発によって起きた石油危機で自動車会社が苦労したのは、売れなくなった車、仕入れてしまった部品の在庫をどう処理するかだった。また、増産に次ぐ増産で雇ってしまった人員を減産に際して、どう配置するかということもある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1011文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2017年2月20日号 64~66ページより目次