1973年、第四次中東戦争勃発によって起きた石油危機で自動車会社が苦労したのは、売れなくなった車、仕入れてしまった部品の在庫をどう処理するかだった。また、増産に次ぐ増産で雇ってしまった人員を減産に際して、どう配置するかということもある。