「最後まで抵抗があったのがプレスと鍛造だった」トヨタ生産方式の導入に取り組んだ大野耐一自身がそう漏らしているように、プレス、鍛造現場では物流のムダを減らしても、部品を仕上げる時間を縮めることはできなかった。