前回までのあらすじ

 藤田俊雄が率いるスーパーマーケット、フジタヨーシュウ堂専務の大木将史は米国でコンビニエンスストアと出合い、日本で展開したいと考える。社長の俊雄は慎重な姿勢を取りつつも、将史の提案を聞き入れる。総合商社、佐藤忠の協力を得て、将史は米国のコンビニエンスストア大手、サウスカントリー社と接触を図る。提携を進めるか、撤退か。最終的な方向を決める時が近づいていた。

 俊雄は、眉字に力を込め、唇を固く閉じ、迫力に負けじと将史を見つめる。──この男はどこに向かおうとするのか。私はこの男をコントロールできる人間なのか。将の将たる人間なのだろうか。

 「大木君、小規模商店との共存共栄というのはフジタヨーシュウ堂の重要な経営課題です。コンビニエンスストアへの進出でその課題を解決できますか?」

 俊雄が聞く。

 「できます」

 将史は答える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4167文字 / 全文4643文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題