前回までのあらすじ

 米国の流通現場を視察し、スーパーマーケットの時代が来ると確信した藤田俊雄はヨーシュウ堂のチェーンストア化を決意する。四井銀行千住支店支店長の斉木秀治の協力を得て、四井銀行社長にも直接会って計画を説明。融資を得て店舗展開を進める。事業拡大と併せて、ヨーシュウ堂は人材の採用を進めていく。出版の取次会社に勤める大木将史もその候補となった。

 「なあ、小百合」

 俊雄は、箸を置き、小百合を見た。

 「はい、なんでしょうか?」