前回までのあらすじ

 スーパーマーケットの経営に乗り出したヨーシュウ堂の社長、藤田俊雄は、米国に渡り、店舗を視察した。消費者に支持される店や、経営者や従業員の意識の高さに触れた俊雄は、自社のチェーンストア化を決意し、銀行に融資を依頼する。新たな挑戦は、米国で再会した仲村力也が率いる大阪のスーパーサカエをはじめ、チェーン化を目指す多くのスーパーとの競争の始まりでもあった。

2

 ヨーシュウ堂は活気づいていた。俊雄がチェーンストア化の構想を社員に示したからだ。

 チェーン化1号店になる赤羽店を成功させるために千住店で実験を開始したのだ。