前回までのあらすじ

 戦後、商人としての道を歩み始めた藤田俊雄は、商売の師でもあった異父兄の貞夫の急逝により、ヨーシュウ堂の社長に就いた。店は売り上げを伸ばすが、俊雄はどんな店を目指すべきか悩む。そんな中、アメリカの流通視察に出かけた俊雄は、戦後の焼け跡で出会った男に再会する。大阪でスーパーサカエを展開するその男、仲村力也は「東京に出る。商売は戦争や」と俊雄に宣戦布告した。

 女性店員がいる。店の特徴である緑の制服に、髪の毛が落ちないよう頭も緑の三角巾で覆っている。

 質問をしてみたい。拙い英語で通用するだろうか。不安になるが、ぜひとも現場の意見を聞きたい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4759文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題