前回までのあらすじ

 戦時中、特攻隊に配属された藤田俊雄は、敗戦により復員。生き残った人間として、いかに生きるべきか模索する中で、「商人」を目指すことを決意する。母とみゑと異父兄の貞夫が営む洋品店「洋秀堂」で働き始めた俊雄は、仕入れた商品を売り切る大切さを知る。売り上げは伸び、俊雄らは店を拡大。店名も「ヨーシュウ堂」に改める。日本経済の復興とともにヨーシュウ堂も成長の歩みを続けた。

 俊雄は貞夫の言う「仮予測」、そして「売れ筋管理」という手法を倦むことなく繰り返せるかどうかが成功の秘訣だと悟った。これをないがしろにしている商店は流行っていないことは明白だった。