全5521文字
前回までのあらすじ

 召集され、特攻部隊に入っていた藤田俊雄は、終戦により、母とみゑが待つ東京に帰ってきた。とみゑは最初の夫に先立たれ、二度目の結婚をして俊雄をもうけるも離婚。苦労を強いられてきた。

 戦時中、とみゑは俊雄の異父兄貞夫と浅草で洋品店を営んでいたが、空襲で焼け出され、北千住で細々と商売を再開していた。とみゑも貞夫も俊雄の帰還を喜ぶ。町の人も俊雄を温かく迎えた。

 次から次へと商店会の人たちが集まって来る。同業の洋品屋もいる。俊雄は不思議な気持ちになった。なぜこれほど人が集まるのか。

 「俊雄、どうした? その変な顔は?」

 貞夫が笑う。

 「いえね、兄さん、どうしてこんなに人が集まって、お祝いを言ってくれるのか、不思議になったのです」

 「ははは」貞夫は、声に出して笑う。

 「それは母さんのせいだよ。母さんが、この町の人に愛されているんだ。人徳だよ」

 貞夫によると、東京大空襲で命からがら北千住に逃げてきた。この町の人々は親切で人情深い。とみゑや貞夫が、浅草で洋品店を開いていたことを知ると、ここで店を再開すればよいと勧めてくれた。浅草が元通りに復旧するまでは、まだ時間がかかるからだ。商店街の人たちが、この中華そば屋の軒先を借りられるよう一緒に交渉してくれたという。

 とみゑは、すっかり北千住が気に入り、ここに店を開くと、毎日、店の周りをきれいに掃除をし、朝から晩まで一生懸命、愛想良く働いているから、いつの間にかファンが増えたのだと言う。

 「母さんらしいな」

 俊雄は、とみゑが戦災で何もかも失いながら、明るさを失わないで働いている姿に励まされる思いだった。

 この明るさが、何度でも逆境から立ち上がらせるのだろう。

 とみゑと貞夫は、とりあえず2坪の店で仕事を再開した。店員は保夫を除いて、一旦、郷里に戻ってもらった。いずれ必ず呼び戻すことを約束してのことだった。店員たちは、泣く泣く帰郷したという。

 「母さんと一緒に店を大きくして何としてでも店員たちを呼び戻さないといけない」

 貞夫の目には強い決意が見えた。

 俊雄は、とみゑと貞夫に協力したいと、すぐに口に出せないもどかしさを感じていた。自分が何をしたいのか、まだはっきりと見えない。

日経ビジネス2018年5月14日号 58~61ページより目次