オープンイノベーションの「使い手」として知られ、15年連続で増収増益を続ける。“コミュニティー”との巧みな連携でリナックスや他のオープンソースソフトウエアを商用化させている。限られた経営資源で顧客を増やす背景には、組織の透明性や実力主義など独特のカルチャーがある。

増収は63四半期連続に
●レッドハットの売上高推移(四半期ベース)
(写真=Chiaki Kato)

 製品の原材料は誰でも手に入れられる無料素材。開発では社員だけでなく他社のリソースを徹底活用する。それで業績は15年連続の増収増益だ。

 そんな都合のいい会社などあるはずがない──。そう思うかもしれないが、米国に実在する。無料のOS(基本ソフト)、リナックスの関連サービスを提供している米レッドハットである。