革新的なデジタル製品を提供してきた米アップルはスマートフォンのiPhoneを発売し、インターネットの業界構造をパソコン主体からスマホ主体に一変させた。尾原和啓氏は、アップルは利用者の生活そのものも変えたと説く。