アマゾン・ドット・コムは生活に必要なものなら何でも、インターネットで買えるようにした。確かに便利になったが、同社は様々な仕事を奪う「破壊者」でもある。ネット企業を渡り歩いてきた尾原和啓氏はどう評価しているのか。