水道管の破損は道路陥没の原因になりやすい。その発生件数は年間3000件超。2016年の熊本地震では、地中に発生した空洞が被災認定を受けた。陥没につながる地表近くの空洞を効率的に発見する技術が相次ぎ登場している。