水道管の破損は道路陥没の原因になりやすい。その発生件数は年間3000件超。2016年の熊本地震では、地中に発生した空洞が被災認定を受けた。陥没につながる地表近くの空洞を効率的に発見する技術が相次ぎ登場している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2841文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題