水素を多く含み、燃えても二酸化炭素を排出しないアンモニア。腐食性などが課題だったが、技術革新でこの「水素長者」が燃料として使えるように。石炭火力発電所や燃料電池などで、既存エネルギーを置き換える動きが出始めた。