皮膚から薬を投与する経皮吸収型の投薬技術が進化している。痛みや副作用が少なく、体への負担が軽いなどの利点を持つ。痛くない注射針「マイクロニードル」も本格的な実用化への道が開けつつある。