脳波の変化からユーザーの意思を読み取り、日常生活や企業活動に役立てる研究が進む。分析の精度が上がったことで、細かな感情変化を的確に把握できるようになった。思い通りに車椅子を動かしたり味覚を見える化したりと、用途の幅も広がりつつある。