4月の熊本地震では震度7の地震が繰り返し発生し、大きな被害をもたらした。懸念されている南海トラフ地震では「長周期地震動」への対策が急務となっている。大手ゼネコンが中心となり、地震の揺れを抑える制震装置の開発が進んでいる。

(写真=背景:Kodansha/アフロ)
(写真=背景:Kodansha/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/4

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2945文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題