スーパーやコンビニエンスストアで増えてきた、賞味期限の長い食品。こうした「ロングライフ食品」を支えるのが、殺菌と包装の技術だ。缶詰やレトルトのように高温で加熱殺菌せずに、おいしさを追求している。